下の各団体、組織をクリックするとそのホームページに直接飛べます↓

◆7月1日から再開したコミセンの中はこんな感じです。

1Fフリースペースは机1つに椅子1個

1F「なみっこ」は遊び道具が何もないです。

2Fホールは最大40名まで

カフェは営業をしていません、、、、

などなど、まだ寂しい感じです。

早く元通りに使えるようになってほしいですね。

 

◆2020年7月5日午前8時、コミセン駐車場で海辺の朝市が再開されました。

茅ヶ崎市内の野菜と花の生産者が作品を持ち寄って毎月1,3日曜日に開く「海辺の朝市」です。

写真をクリックすると全部の写真が出てきます。

更新のお知らせ

写真アルバムの2010~2019年版を更新しました。

常盤町自治会役員会の2009年~2020年までの全記録を掲載しました。

常盤町たより2005年1号創刊号から2020年179号までの全号を掲載しました。

 例えば「15年前の常盤町の様子」や「2020年の汐見台小卒業生からの言葉

 も掲載されています。「常盤町たより」をクリックしてみてください。


<昭和55年に発行された常盤町文集>が保存されていました。

◆<昭和55年に発行された常盤町文集>が保存されていました。

昭和30年にこの地に常盤町住宅が作られて30世帯ほどの方々が

移り住んできました。

当時は常盤町という町名はなくて小和田5678番地だったそうです。

25年後の昭和55年に当時を振り返ってこの記念文集が作られました。
ですから昭和30年当時の事が生き生きと語られています。

小川が流れていて小さな橋があって、魚がたくさん獲れた、

周りは畑で夜は寂しかったこと、などなど、、。

<昭和55年に発行された常盤町文集>

↑をクリックしてください。33ページの文集を読めます。

小冊子としてプリントアウトしたものを差し上げます。

5月5日12時JR辻堂駅ホーム

誰もいません。コロナ禍の茅ヶ崎風景。写真をクリックすると全部の写真が出てきます。

1月11日コミセンで常盤町自治会役員会新年会が開かれました。今年の抱負などを語り合いました。

2日コミセンで常盤町新春餅つき大会。お日さまがでて程よい餅つき日和で、例年通り無料で海苔、きな粉、カラムーチョ、あんこ、大根おろしのセットをいただきました。豚汁も飲み放題サービスでした。役員さん、前日からの支度お疲れ様、ありがとうございました。


12月14日常盤町役員会で茅ケ崎市のごみ減量化方針の説明がありました。写真をクリックすると当日の説明資料が閲覧できます。今後、焼却灰廃棄場所の限界が予想され、これの減量化に効果があると考えられる生ゴミ収集の有料化(ゴミ収集袋の有料化)が考えられています。市民1人当たり1500円/年が試算されています。1月に市民の声を聴くパブリックコメントがあるので、そこに意見を出してください。

↑クリックで拡大されます。

来年2020年2月23日寒川ボールで常盤町ボーリング大会を開きます。

コロナウイルスのため

⇒中止となりました。

 

11月16日コミセンにてブロック別交流会が開かれました。

汐見台と松浪2丁目と常盤町にお住いの75歳以上の方々60余名がお集まりになり、余興やお食事を楽しみました。


12月4日に常盤町日帰りバス旅行がありました。クリックすると写真が出てきます。

12月14日にゴミ減量化に関する市役所の説明会が開かれます。↑クリックしてください。

写真をクリックしてください。11月10日松浪地区まちぢから協議会主催の防災訓練に常盤町も参加しました。8時~9時は常盤町独自の安否確認訓練⇒町内の50か所余りの生ごみ集積所に近所の方々が集まって互いの安否を確認します。その結果をクリエイト駐車場に開設された常盤町防災本部に伝えます。その間サンライフ屋上の一時避難場所の確認も行いました。その後⇒松浪中に移動して松浪地区としての防災訓練(講演会、車椅子、移動式ホース、起震車体験)に参加しました。安否確認180名、松浪中参加40名、お疲れ様でした。